ディッピンドッツのアイスクリーム

やっと暑さも落ち着いてきましたね。
今年の夏は本当に暑かった。
北海道に移住して、これが5回目の夏なんだけど、これまでで一番暑かった
ですね。部屋の温度がなかなか30度を下回らなかったですもん。

気温も暑かったけど、高校野球も熱かった!
駒大苫小牧、三連覇は逃したけれど、偉業を達成する以上の感動を
残してくれました。
僕も含めて多くの北海道民が、オリンピック以上ワールドカップ以上に熱くなった
んじゃないでしょうか。
田中クンには是非ファイターズに入ってもらって、さらに北海道を盛り上げて
もらいたいところですね。

さて、明日は今年初キャンプに行く予定。
留萌からオロロンラインを北上し、初山別のキャンプ場に泊まってこようかと。
今回は観光よりもキャンプをメインにしたいんで、早めにキャンプ場について、
のんびりしてきます。


そうそう、旭川にちょっと変わったアイスクリーム屋さんができたと聞いて、
行ってみました「ディッピンドッツ」。

豊岡のユニクロの向かいにあるお店は、なんかの事務所をお金をかけずに
無理やりアイスクリームショップにしちゃいましたよ的な造り。
北海道から沖縄まで展開しているチェーンなのに、この安っぽさは一体・・・

このディッピンドッツのアイスクリーム、何が変わってるかっていうと、なんとアイスが
つぶつぶ状なんですよ!
何でもアメリカの微生物学者が開発したそうで、新鮮なミルクを超低温で急速冷凍
するという、独自の製法で作られているんだとか。
普通のアイスクリームは-20℃くらいなんですが、このディッピンドッツのアイスは
-40℃と、冷たさのレベルも全く違うそうです。

ディッピンドッツ

フレーバーは、バナナのとかモカのとか、ミックスなのとか、6種類くらいあったんだけど、
その中からストロベリーチーズケーキってのを選びました。

スプーンですくってみると、サラサラした感じで、まったくアイスクリームっぽく
ありません。

口の中入れてみると、つぶつぶが粘膜にへばりつくほどの冷たさ!
舌の上でつぶつぶが融けていく食感や、喉を滑り落ちていく時の清涼感は、
確かに他のアイスにはない全く新しい感覚です。

しかし、肝心の味そのものが、どうも安っぽい。
スーパーやコンビニで売ってる、100円くらいのカップアイスと同じような味。
「低カロリー」を謳っているので、乳脂肪分もかなり低めなのかな?
そのせいか、ハーゲンダッツやサーティーワンなどの、プレミアムなアイスクリームと
比べると、かなり物足りないですね。
これで300円ってのはチト高いかな?

でも、この食感はとても面白いので、話のネタに一度は食べに行ってみると
いいかもね。

北海道の旅行・観光情報はこちらで探そう! 「人気blogランキング」

★★ 相互リンク募集中です。お申し込みはこちらから ★★


   2006年08月30日 | 北海道的日々

 北海道のホテル・旅館・ゴルフ場

 北海道のホテル・旅館
 札幌・定山渓  小樽・積丹・ニセコ  支笏・洞爺・登別・室蘭
 函館・渡島・檜山・奥尻  旭川・富良野・夕張  帯広・然別湖・日高
 釧路・阿寒・摩周  知床・網走・北見・紋別  稚内・利尻・礼文・留萌

 ゴルフ場


 トラックバック


 コメント

うわっ、アイス行ってきたんだーー。
ホントに粒粒だね。
寒くならないうちに食べたいな・・・。

投稿者 さやぽん : 2006年08月30日 23:01

さっそく行ってきたっすよ。
リピートしたくなるかはわからないけど、
あの食感は一度試してみる価値ありだね。
でも、あの店舗の造りには笑ったなぁ。

投稿者 雄介 : 2006年09月02日 11:37

Copyright (C) 2005 北海道旅行を207倍楽しむブログ All Rights Reserved.